部長メッセージ

自分たちが笑顔でいることが、
患者さんの笑顔のもと

すずかけヘルスケアホスピタル
リハビリテーション技術部部長

宮内 良治
『あなたの笑顔がわたしたちの喜び』という想いのもとに、法人理念にある『やさしさと癒し』を形にできるように、患者さんに対する熱い思いを持って日々業務にあたっています。
人を笑顔にするためには、自分たちが笑顔でいることが大切です。スタッフ全員が笑顔になることで、そこにいる患者さんが自然と笑顔になるような、雰囲気をつくり出していきたいと考えています。
そのためにスタッフ一人一人が仕事に打ち込めるように、日々の勤務調整や個々の目標に沿った支援などを行っています。また、生活が充実することで仕事への集中がいっそう高まるものと考えワークライフバランスを推進しています。変化する職員のライフステージにおいてもいろいろな働き方を提案し、多くのスタッフがより長く当法人で力を発揮できるような職場をつくりたいと思っています。
しかし、本当の笑顔を取り戻していただくには雰囲気だけでは足りません。リハビリの専門職として応えられるだけの知識や技術が伴わなくては、患者さんに良い治療はできないからです。そのために教育体制を作り計画を立て、OJT、OffJTなどで専門職としての質の向上を目指しています。

チーム力とコミュニケーションで
より質の高いサービスへ

そして良い治療のために何よりも重要なのは、チームワークです。定期的に会議を行い、お互いの見解を出し合った上で目標を作成しています。表面的ではなく、お互いの専門性のもとに言うべきことは言う、聴くべきことは聴くという姿勢が大事です。それが実践できるような人間関係を構築するために親睦会などで仕事以外の話をする機会をつくり、お互いが人として理解し合える環境をつくっています。

私たちは地域の方々の暮らしを支えるために種々のサービスを通して、リハビリテーション専門職として知識や技術を提供していきたいと思っています。